インドネシア、政策金利を4会合ぶりに据え置き

2018年7月20日 〔インドネシア〕

 インドネシア中央銀行は7月19日、政策金利を年5.25%で据え置いたと発表した。据え置きは4会合ぶり。

[PR]

 ルピアの対米ドル相場が年初から約6%下落したことを受け、インドネシア中銀は5月から6月にかけ、緊急に政策決定会合を開催するなどで、3回連続で計1%の利上げを実施してきた。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

インドネシア、政策金利を4会合ぶりに据え置き はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ○経済指標, インドネシア