マレーシア政府系投資会社の全取締役が辞任

2018年7月28日 〔マレーシア〕

 マレーシアの政府系投資会社「カザナ・ナショナル」は7月26日、社長を含む全9人の取締役が辞任すると発表した。新政権に新たな取締役を任命する特権を与えるのが適切と判断したとしている。

[PR]

 別の政府系投資会社「プルモダラン・ナショナル(PNB)」でも7月1日、マハティール首相に近いゼティ・アクタル・アジズ元マレーシア中央銀行総裁が就いている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マレーシア政府系投資会社の全取締役が辞任 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, マレーシア