カンボジア選挙、首相率いる「人民党」76.78%

2018年7月31日 〔カンボジア〕

 カンボジアの国家選挙委員会は7月30日、7月29日の行わられた国民議会(下院)選挙の暫定結果を発表した。有効投票数634万票のうち、フン・セン首相率いる「カンボジア人民党(CPP)」が76.78%を獲得した。無効票は8.6%だった。

[PR]

 得票率2位は、「フンシンペック党」の5.88%、3位は「民主主義同盟党(LDP)」の4.86%だった。投票率は82.89%だった。

 各党の得票に基づき議席が配分される。正式な開票結果は8月15日に発表される。

 今回の選挙を巡っては、2013年選挙で躍進した野党を排除する動きなどがあり、米国をはじめとする国々から公正な選挙ではないとの非難を浴びている。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

カンボジア選挙、首相率いる「人民党」76.78% はコメントを受け付けていません。

分類 *news, カンボジア