シンガポール、4~6月期のGDP3.9%増

2018年8月15日 〔シンガポール〕

 シンガポール貿易産業省(Ministry of Trade and Industry: MTI)は8月13日、2018年4~6月期の実質国内総生産(GDP、確定値)が前年同期比で3.9%増加したことを発表した。 7月中旬に発表した速報値は3.8%だった。

[PR]

 製造業が1~3月期に続き2ケタ成長を維持したた。また、金融、IT(情報技術)でも堅調な伸びを維持した。一方、建設業は1~3月期の4.5%増から下がったが、4%近い伸びは保っている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

シンガポール、4~6月期のGDP3.9%増 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ○経済指標, シンガポール