フィリピン、コメの輸入自由化へ

2018年9月29日 〔フィリピン〕

 フィリピンがコメの輸入自由化へと動く。同国の下院は8月に、東南アジア諸国連合(ASEAN)域内からの輸入には35%、それ以外の地域からの輸入には40%の関税を課すなどとする法案を可決しており、今後上院による承認後大統領署名し発効させる見通し。

[PR]

 同国は、農家保護のために政府がコメの輸入を一元管理してきたが、今後民間企業の輸入事業参入が認められる。

 フィリピンはコメを主食とする米食国で、日本の2倍の米を食べると言われる。しかしながら自給率は90%前後にとどまり、政府が不足分を輸入してきた。しかしながら、昨年からの天候不順などにより、これまで以上にコメが不足しており、政府が政策転換を決めた。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

フィリピン、コメの輸入自由化へ はコメントを受け付けていません。

分類 *news, フィリピン