マニラにユニクロの旗艦店が開業

2018年10月6日 〔フィリピン〕

 フィリピンの首都マニラ中心部マカティに10月5日、東南アジア最大の旗艦店となるユニクロが開業した。

[PR]

 商業施設の1階部分のすべてと2階の半分のスペース約4100平方メートルの延べ床面積の店舗は、世界で2000店以上のユニクロ店舗の中で6番目に大きい。

 取扱商品数は26万店に及び、シャツやパンツなどが1000ペソ(約2100円)から購入できる。

 ユニクロを手掛けるファストリテイリングは、フィリピンの小売り最大手SMグループの出資を受けて現地子会社を設立し、2012年に1号店を開店。今回の新店で53店目となる。

 東南アジアでは、2009年にシンガポールに進出、その後タイ、インドネシアなどにも進出している。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マニラにユニクロの旗艦店が開業 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, フィリピン, 日系進出