スズキ、ミャンマーで「スイフト」発売

2018年10月16日 〔ミャンマー〕

 スズキは10月15日、ミャンマーで世界戦略車の「スイフト」を発売した。ヤンゴンの流行発信基地と言われる商業施設「ミャンマープラザ」にて発表会は行われた。

[PR]

 ミャンマーでは日本の中古車が多かったが、このところ新車販売が増え始めている。

 スイフトの価格は2千万チャット(約140万円)からと、中間層が手を出しやすい。また、現地銀行と組むことで7年ローンも用意し、より買いやすくした。

 スズキはミャンマーの新車市場でシェア5割を握り、スイフトは現地生産の4車種目となる。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

スズキ、ミャンマーで「スイフト」発売 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー, 日系進出