シンガポール与党「PAP」、中央執行委員を刷新

2018年11月12日 〔シンガポール〕

 シンガポールの与党「人民行動党(PAP)」は11月11日、同党の最高意思決定機関である中央執行委員会のメンバーを刷新した。

[PR]

 次世代首相候補とされるチャン貿易産業相、オン・イェクン教育相、ヘン・スイキャット財務相が留任となる一方、テオ・チーヒエン、ターマン・シャンムガラトナム両副首相ら古参委員5人が退任した。両氏はそれぞれ書記長第1補佐、書記長第2補佐の要職に就いていた。

 PAP中央執行委員会の書記長を務めるリー・シェンロン首相は2004年から首相職にあり、後継者の選定が注目されている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

シンガポール与党「PAP」、中央執行委員を刷新 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, シンガポール