ガルーダ・インドネシア航空が国内線3位の経営に

2018年11月15日 〔インドネシア〕

 インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空は11月14日、国内線を運航するスリウィジャヤ(Sriwijaya Air)航空グループの経営に乗り出すと発表した。

[PR]

 国内線3位のスリウィジャヤ航空グループを実質的に吸収して運航を一体化する。将来的には買収もあり得るとしている。

 ガルーダは、格安航空会社(LCC)シティリンクを子会社に持つ。

 航空関連のシンクタンクCAPAによると、インドネシアの国内線では、ライオン航空グループが51%のシェアを持ち、ガルーダが33%、スリウィジャヤが13%と続く。

 また、同じくCAPAによると、インドネシアの国内線需要は2017年に9700万人で、2005年から3倍に急増しているという。

 

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ガルーダ・インドネシア航空が国内線3位の経営に はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア