フィリピン、政策金利を0.25%引き上げ

2018年11月16日 〔フィリピン〕

 フィリピンの中央銀行は11月15日、0.25%引き上げた。2009年3月以来の高い水準となる。

[PR]

 今年の5月と6月の会合でそれぞれ0.25%、8月と9月0.5%の利上げを実施しており今年に入ってから計1.75%の利上げをしている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

フィリピン、政策金利を0.25%引き上げ はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ○経済指標, フィリピン