旧ポル・ポト政権の最高幹部らに終身刑の判決

2018年11月17日 〔カンボジア〕

 カンボジアで11月16日、旧ポル・ポト政権による1970年代の大虐殺を裁く特別法廷が元人民代表議会議長ヌオン・チア被告(92)と元国家幹部会議長キュー・サムファン被告(87)に求刑通り最高刑である終身刑の判決を言い渡した。

[PR]

 ヌオン・チア被告は故ポル・ポト元首相に次ぐポト派のナンバー2とされ、キュー・サムファン被告は対外的な国家元首の役割だった。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

旧ポル・ポト政権の最高幹部らに終身刑の判決 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, カンボジア