シンガポール、首相後継者ポストにヘン氏

2018年11月23日 〔シンガポール〕

 シンガポールで2004年から首相を務めるリー・シェンロン首相氏の後継者としてヘン・スイキャット氏の名前があがってきた。与党「人民行動党(PAP)」のリー・シェンロン氏が務める書記長の第一補佐に就任する見通しとなったと伝えられている。

 リー首相や、その前任のゴー・チョクトン元首相も書記長第1補佐を経験している。

 ヘン氏は、シンガポール金融通貨庁(MAS)長官などを経て、2011年に政界入りした。教育相を経験した後、現在の財務相に就任した。また、リー・シェンロン首相の父である故リー・クアンユー元首相が上級相だったときに首席秘書官だった経歴もある。

〔関連記事〕

 

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

シンガポール、首相後継者ポストにヘン氏 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, シンガポール