タイでプラチックごみ削減のために弁当箱

2018年11月27日 〔タイ〕

 年間約200万トンの使い捨て容器が消費されているタイでは、プラスチックごみを減らす取り組みが行われている。そのタイで11月27日、弁当箱を使うことでプラスチックごみを減らそうとする活動が始まった。

[PR]

 タイの弁当メーカー大手「シータイ・スーパーウエア」がタイの天然資源・環境省に500個の弁当箱を寄付した。まずは国立公園の職員らに配布し、毎日の昼食で使い捨て容器を使わないようにしてもらう。タイでは伝統的に数段重ねの円筒形弁当箱が使われていたが、使い捨てのプラスチック容器が普及し、弁当箱の利用者が減っていたそうだ。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

タイでプラチックごみ削減のために弁当箱 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, タイ