タイ国王戴冠式は総選挙後と暫定首相が修正

2018年12月5日 〔タイ〕

 タイのプラユット暫定首相は12月4日、ワチラロンコン国王の戴冠式の実施時期は総選挙の後になると表明した。総選挙前になるとした6月の自らの発言を修正した。

[PR]

 民政復帰となる総選挙の実施は2019年2月24日が有力視されている。戴冠式を理由に延期される可能性があるかもしれないとされていたが、それを否定した形になった。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

タイ国王戴冠式は総選挙後と暫定首相が修正 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, タイ