フィリピン、11月の消費者物価の上昇が鈍化

2018年12月6日 〔フィリピン〕

 フィリピン統計局は12月5日、11月の消費者物価指数(CPI)が前年同期比で6.0%の上昇だったと発表した。10月より0.7%減少で、今年初めて前月を下回った。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

フィリピン、11月の消費者物価の上昇が鈍化 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ○経済指標, フィリピン