フィリピン、イスラム自治政府5州1市の参加確定

2019年1月26日 〔フィリピン〕

 フィリピンの選挙管理委員会は1月25日、ミンダナオ島西部のイスラム自治政府への参加を問う1月21日の住民投票の結果を発表した。

[PR]

 住民投票は5州と2市で行われたが、自治政府への参加に対する反対が多数だったイサベラ市を除く5州1市の参加が決まった。イサベラ市の投票結果は、賛成1万9032票に対し反対が2万2441票だった。

 自治政府に参加するのは、イスラム教自治区(ARMM)の属する5州とコタバト市。同市はキリスト教徒が多い。

 2月6日は、北ラナオ、コタバト両州の一部地域で住民投票が行われる予定で、その結果を受けて最終的な領域が確定する。

 イスラム自治区(ARMM)に属する5州は以下の通り。

  • バシラン州(Basilan)
  • ラナオ・デル・スル州(Lanao del Sur)
  • マギンダナオ州(Maguindanao)
  • スールー州(Sulu)
  • タウィタウィ州(Tawi-Tawi)

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

フィリピン、イスラム自治政府5州1市の参加確定 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, フィリピン