マレーシア第16代国王はアブドゥラ・パハン州王

2019年1月26日 〔マレーシア〕

 マレーシアの第16代国王として、パハン州(Pahang)のアブドゥラ(Abdullah)州王が主任することが1月24日の州王の会合により決まった。これまでの慣習ではパハン州王が国王となる順番となっており、順当な選任だった。

[PR]

 マレーシア9州の州王の互選によって国王が決まった。第15代国王のムハンマド5世が1月6日に突然辞任したことを受けての対応。

 

 マレーシアは立憲君主制で、国王は首相の任命など限定された権限のみを持つ。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マレーシア第16代国王はアブドゥラ・パハン州王 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, マレーシア