タイ総選挙、次期首相候補に69人

2019年2月13日 〔タイ〕

 タイの選挙管理委員会は2月11日、3月24日に実施する総選挙の首相候補69人の氏名を公表した。各政党は最大3人の首相候補を立てて戦況戦に臨むことができる。候補者の中から、上下両院750人の過半数を得票した人物が首相に就く。

[PR]

 各党が擁立する有力な次期首相候補者は以下のとおり。

  • 「国民国家の力党」(軍事政権派)・・・プラユット暫定首相(64)
  • 「民主党」・・・アピシット元首相(54)
  • 「タイ貢献党」(タクシン派の中核)・・・スダラット元保健相(57)

 タクシン派政党で総選挙に300人近い候補者を擁立する「国家維持党」が擁立を表明したウボンラット王女(67)は、「王室関係者には政治的中立が求められる」として候補者として認められなかった。

 また、親軍政の保守勢力から、王室の政治利用との批判を受け、2月11日には選挙管理委員会に国家維持党の解党処分を求める動きもあった。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

タイ総選挙、次期首相候補に69人 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, タイ