「Grab」がインドネシアの大手財閥と提携

2019年3月6日 〔インドネシア/シンガポール〕

 東南アジアで配車サービスを展開するシンガポールの「グラブ(Grab)」は、インドネシアの大手財閥「シナルマス・グループ」の不動産部門と業務提携する。

[PR]

 グラブは、シナルマスがジャカルタ郊外で進める大型都市開発エリア「BSDシティ」内に研究開発センターを設ける。また、同エリア内で電気自動車(EV)の配車サービスも試行する。

 BSDシティは約6000ヘクタールの大規模な開発プロジェクトで、シナルマスが1980年代から開発を始めている。この広さは東京の山手線の内側に匹敵する。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

「Grab」がインドネシアの大手財閥と提携 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア, シンガポール