タイの「モス」新パートナーと出店拡大へ

2019年4月20日 〔タイ〕

 モスフードサービスは4月3日、タイの事業主とパートナー契約を結び5年でタイの「モスバーガー」店舗数を45店に増やすと発表した。

[PR]

 モスフードサービスは2007年にタイに進出し現在8店舗を展開する。タイ進出時の現地パートナーとの関係は2016年に解消し、自社による展開を試みてきたが伸び悩んでいた。

 今回、現地の有力経営者である「KCE エレクトロニクス」の社長兼 CEO ピターン・オンコーシット(Pitharn Ongkosit)氏の投資会社から出資を受けて今後5年間に45店舗まで出店を加速する。出資比率は74.3%。

 モスフードサービスは台湾に265店舗など、海外に合計371店舗(2019年3月末現在)を展開している。東南アジアでは、シンガポールに34店舗(初出店1993年)、タイに8店舗(同2007年)、インドネシアに4店舗(同2008年)出店している。

〔参考〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

タイの「モス」新パートナーと出店拡大へ はコメントを受け付けていません。

分類 *news, タイ, 日系進出