インドネシアでタクシーに初めてEV導入

2019年4月25日 〔インドネシア〕

 インドネシアのタクシー最大手「ブルーバード・グループ・ホールディング」は4月22日、米テスラと中国の比亜迪(BYD)の電気自動車(EV)を同社のタクシーに採用すると発表した。同国でタクシーにEVを導入するのは初めて。

[PR]

 今年5月からジャカルタ首都圏でテスラの高級多目的スポーツ車(SUV)「モデルX」5台と、BYDの「e6」25台をタクシー向けに導入する。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

インドネシアでタクシーに初めてEV導入 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア