シンガポールで偽ニュース対策法案が可決

2019年5月13日 〔シンガポール〕

 シンガポール議会は5月8日、「偽ニュース・情報操作対策法案」を可決した。政府あ虚偽と判断した情報の訂正や削除を命じることができる。

[PR]

 情報を流した個人や企業だけでなく、フェイスブックなどのネット大手も迅速な対応をする必要がある。違反した個人には禁錮刑や罰金を科す。

 議会の多数派である与党・人民行動党の賛成で可決したが、野党の労働者党は法案に反対した。

 新法は年内に施行される見込み。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

シンガポールで偽ニュース対策法案が可決 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, シンガポール