○東南アジア各国の制限状況(2020/6/14)

 東南アジア主要国における新型コロナウイルス対策のための各種制限状況は以下のとおり。(2020/6/14現在)

[PR]

○インドネシア

 首都ジャカルタでは、6月5日から行動制限措置の一部を緩和。マスクの着用や大人数での集まらないなどの条件で外出が認められる。モスクや商業施設なども収容人数の50%以下に抑制すること条件に再開。レストランやスポーツセンターは6月8日から、ショッピングモールは6月15日から営業が可能となる。

○シンガポール

 外出規制が6月2日に第1段階として一部緩和。国内の就業者の約3分の1が職場に復帰できるようになった。しかしながら、レストランの店内飲食は依然禁じられている。この後、感染の第2波が来なければ6月中にも第2段階に移行する。第2段階では、大半の小売店やスポーツジムなどの営業が再開する予定だ。レストランの店内飲食も解禁となる。また、最後の第3段階では、映画館やバーなどでも営業が可能となる。

○タイ

 6月15日から、これまでの午後11時~午前3時の外出禁止を解除し、飲食店での酒類提供も認めることとなった。

○フィリピン

 フィリピンのドゥテルテ大統領が、マニラ首都圏などで6月1日から外出・移動制限を大幅に緩和すると表明。感染防止策の徹底を条件に企業や店舗の再開を認める。5月16日に自動車などの工場で人員を削減して操業を認めるなど一部緩和されていた。

○マレーシア

 6月10日から、州をまたいだ移動や国内観光が解禁。学校や宗教活動も順次再開が認められるもよう。ただ、国境の閉鎖は継続されるほか、ナイトクラブやカラオケ店などの営業は引き続き認められず、サッカーなどの身体接触を伴うスポーツも禁止のまま。今後この規制緩和を8月31日まで続け、感染者数の推移をみて9月からはさらなる緩和を検討する。

○ベトナム

 外出禁止令が4月23日に解除。ベトナム航空は5月末までに国内線のすべての運航を再開した。その他の航空会社も国内路線を順次再開。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

○東南アジア各国の制限状況(2020/6/14) はコメントを受け付けていません。

分類 *info, インドネシア, シンガポール, タイ, フィリピン, ベトナム, マレーシア