フィリピン財閥「サンミゲル」会長が死去

2020年6月18日 〔フィリピン〕

 フィリピンの大手財閥サンミゲルのエドゥアルド・コファンコ会長兼最高経営責任者(CEO)が6月16日に死去した。85歳だった。

 サンミゲルを食品を中核とする巨大財閥に育てた人物で、マルコス元大統領の側近としてビジネスを発展させ、政財界に大きな影響力を持ったとされる。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

フィリピン財閥「サンミゲル」会長が死去 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, フィリピン