マレーシア、「1MDB」不正流出回収にメド

2020年7月25日 〔マレーシア〕

 マレーシアのムヒディン政権が政府系ファンド「1MDB」の汚職に関連した巨額な資金を米ゴールドマン・サックスから回収することに成功したようだ。ムヒディン首相が7月24日、ゴールドマン・サックスとの和解を発表した。ゴールドマン・サックスは25億ドルの現金に加え、資産回収を通じて14億ドルの合わせて39億ドル(約4100億円)を支払う予定。

[PR]

 

 

 マレーシア政府が「1MDB」関連で不正に流出した資産は45億ドル超とされており、今回の回収分を含めて45億ドル超の回収見込みがたったことで、ほぼすべての回収にメドをつけた。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マレーシア、「1MDB」不正流出回収にメド はコメントを受け付けていません。

分類 *news, マレーシア