タイ「ノックエアラインズ」が会社更生法申請

2020年8月1日 〔タイ〕

 タイの格安航空会社(LCC)「ノックエアラインズ」が7月30日、同国の破産法に基づく会社更生手続きを申請した。新型コロナウイルスの影響で経営が悪化していた。タイを拠点とする航空会社の破綻は3社目となる。

[PR]

 同社は2004年に自動車部品大手「タイ・サミット・グループ」のオーナー一族が筆頭株主として設立。2020年5月に破綻したタイ国際航空も13%出資していた。2019年12月期までの6年間連続で最終赤字となっており、2020年6月にはシンガポール企業との合弁のLCC「ノックスクート」の会社清算も決めていた。

[関連記事]

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

 

タイ「ノックエアラインズ」が会社更生法申請 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, タイ