フィリピンで新型コロナ急増、外出制限の厳格化

2020年8月4日 〔フィリピン〕

 フィリピン政府は8月2日、マニラ首都圏とその周辺州での外出・移動制限措置を8月4日から18日まで再度厳格化することを発表した。新型コロナウイルス新規感染者が8月2日には5032人と4日連続で過去最多を更新し、累計10万人を超えたことで方針を見直した。

[PR]

 今回の措置により、鉄道、バス、タクシーなどの公共交通機関は休止となり、飲食店は店内飲食が禁止される。また、製造業は人員を通常の50%以下に減らしての操業が求められ、商業施設も営業できる店舗数や客数が制限される。

 各地の厳格な外出・移動制限が5月中旬から段階的に緩和されてきており、マニラでも6月に公共交通機関の運行が再開されていた。

[関連記事]

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

フィリピンで新型コロナ急増、外出制限の厳格化 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, フィリピン