シンガポール、新型コロナ対策で入国者に電子腕輪

2020年8月5日 〔シンガポール〕

 シンガポールの入国管理事務局などが8月3日、新型コロナウイルス感染症対策のために入国者に義務付けている2週間の隔離期間中の電子腕輪の装着を8月10日深夜から求めると発表した。

[PR]

 この腕輪は、衛星利用測位システム(GPS)などで位置を把握することができるため、隔離期間中の外出などを監視する。腕輪は外そうとすると警報が送られる。また12歳以下は対象外。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

シンガポール、新型コロナ対策で入国者に電子腕輪 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, シンガポール