ベトナム航空、賃金を半分程度に

2020年8月8日 〔ベトナム〕

 ベトナム航空は2020年の従業員の賃金を2019年の半分程度にするとの方針を明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大を受け業績が悪化。2020年12月期の業績が最終赤字になる見通し。

[PR]

 現地メディアの報道によると、パイロットの平均月額賃金は前年比52%減の7700万ドン(約35万円)になる。また客室業務員は48%減、地上職員の賃金も45%減となる。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

ベトナム航空、賃金を半分程度に はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ベトナム