マレーシアのエア・アジアが配車サービスに参入

2021年8月24日 〔マレーシア〕

 マレーシアの格安航空会社(LCC)大手、エアアジア・グループは8月24日、マレーシア国内で配車事業に参入したと発表した。サービス名称は「エアアジア・ライド(AirAsia Ride)」で、クアラルンプールとその周辺で同日サービスを開始した。まずは、自社便利用の航空旅客などの空港送迎の需要をつかむ。また、市内移動にも対応する。

[PR]

 当面1500人の運転手で開始し、半年後までにさらに5000人増やす予定。また、サービス地域も年内にはマレーシア全域に広め、その後東南アジアにも進出する計画。

 マレーシアでは、配車サービス最大手のグラブほか中小も多く、競争が激しい。そのため、エアアジア・ライドは運転手に課す手数料を相場の20%より低い15%とし、運賃を競合より10~30%安く設定し市場開拓を狙う。

〔参考〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マレーシアのエア・アジアが配車サービスに参入 はコメントを受け付けていません

分類 *news, マレーシア