ハノイに日越大学院、来年9月開校

2015年5月8日 〔ベトナム〕

 日本とベトナム両政府は2016年9月をめどにベトナム・ハノイに大学院大学を開校する。2006年に両国が立案した「日越大学構想」の一環で、大学院を先行設置した後、2019年から2020年頃に総合大学を開設し、ベトナムの経済成長を担う人材育成や、進出日系企業の人材需要に備える。

[PR]

 大学院はハノイにあるベトナム国家大学ハノイ校の構内に、まず人文科学系と社会科学系の修士課程を設置する。その後に開設を計画している大学は、ベトナム国家大学ハノイ校傘下の総合大学として新たにハノイ市ホアラックに設立する予定で2014年12月に着工した。

 日越大学構想は、2006年にベトナム側が日本に人材育成での協力を求めたことをきっかけに両国で検討してきたもの。講義は英語、日本語、ベトナム語で実施する予定で、ベトナム国家大学との連携に加え、東大、京大、阪大、名古屋大、早大、近大、北陸先端科学技術大学院大学などが協力し、教授・講師の派遣や研究者・留学生の受け入れなどを行う。

 資金面では日本政府が政府開発援助(ODA)を活用して支援するほか、運営基金に日系の企業や団体から寄付を募る。

他の記事も読む
-----
〔Clisien ― ASEAN Info Clips 編集部〕 
  ※外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

ハノイに日越大学院、来年9月開校 はコメントを受け付けていません

分類 ベトナム, 日本関連