タイ爆弾テロ事件の首謀者に逮捕状、容疑者はすでにタイを出国

 タイの国家警察は9月12日、8月17日に起きたバンコクの爆弾テロ事件の首謀者とみられる男を、爆発物の不法所持容疑で逮捕状をとったことをあきらかにしました。先にカンボジア国境付近で逮捕した容疑者が「イサン」という呼び名で首謀者だと供述しています。

[PR]

 男は、中国国籍の旅券(パスポート)を持ったアブドゥルフマン・アブドゥサタール(27)。容疑者はすでにタイを出国しインドに向かったとみられています。

 この事件に関係する12人目の逮捕状ですが、当局は今回初めて「中国国籍のウイグル族」と明示しました。

〔関連記事〕

-----
〔ASEAN News Clips 編集部〕 2015年9月13日


※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

タイ爆弾テロ事件の首謀者に逮捕状、容疑者はすでにタイを出国 はコメントを受け付けていません。

分類 タイ