日本の歌のうまい外国人、インドネシア人優勝!

2015年10月5日

 日本テレビ系の番組「のどじまんTHEワールド!2015秋」は、一番日本の歌のうまい外国人を決めるテレビ番組ですが、そこで、パジャジャラン大学(西ジャワ州バンドン)3年のファティマ・ザハラトゥンニサさん(20)がインドネシア代表として初優勝したそうです。

[PR]

 この番組は2011年に始まり今回で13回目です。ファティマさんはいきものがかりの「ブルーバード」を決勝で歌い、600点満点中590点を獲得し優勝しました。

 「じゃかるた新聞」(2015年10月5日)によると、ファティマさんが歌を歌い始めたのは高校時代で、高校2年の時には東京で開かれた日本語弁論大会にインドネシア代表で出場。その後、パジャジャラン大学文化学部日本語学科に入学しました。そして、大会の1カ月前から練習を積み、今年6月に、心臓の病気で他界した父親への思いも歌に込めたようです。

 ファティマさんは「将来は日本で歌手活動をしたい。日本語の教師や日本の大学院に入学することも夢」と話しているそうです。

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 


※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

日本の歌のうまい外国人、インドネシア人優勝! はコメントを受け付けていません。

分類 インドネシア