エムニド・レポート

0001 マハティール92歳の挑戦 (2020.7.6)

 マハティール・ビン・モハメド(※以下敬称略)はマレーシアの繁栄を築き上げた中心人物だった。第4代首相として1981年から22年間、政治のトップにあった。“開発独裁”と言われてもしかたないような剛腕でマレーシアの発展への道を指揮し続けた。
 そのマハティールが首相を退任してから15年たった2018年、92歳という高齢で首相への復帰を求めて総選挙に立候補した。その時パートナーとして力を借りたのは首相時代に罷免追放したアンワル・イブラヒムだった。
 2018年総選挙で首相に返り咲き、初めての政権交代を実現させた。そして勝負をかけた首相辞任。マハティールとアンワルという二人の人物を軸に事実をまとめてみた。


 

0002 シンガポールの選挙制度と2020年総選挙 (2020.7.12)

  シンガポールで2020年総選挙が行われた。独立以来、安定多数を確保し続けている「人民行動党(PAP)」が今回の選挙でも大勝した。しかしながら野党支持者も増えてきている。 
 マレーシアから独立した小国が世界の先進国の仲間入りをするためには不可欠だったと思われるリー・クアンユー初代首相による“開発独裁”。そのリー・クアンユー政権の政策実現を可能にしてきた“絶対与党”の「人民行動党(PAP)」。
 シンガポールの選挙制度と今回の総選挙を通してシンガポールについて少し理解を深めたい。