約15年ぶりにミャンマー産コーヒー豆が米国へ

2016年9月11日 〔ミャンマー〕

 ミャンマー産のコーヒー豆が約15年ぶりに米国に輸出された。米国のコーヒー輸入業者「アトラス・コーヒー・インポーターズ」が8月、ミャンマー産のコーヒー豆36トンを米国に輸入した。

[PR]

 ミャンマーの北部は気候が冷涼で、コーヒーや茶が栽培されており、地場複合企業の「キャピタル・ダイヤモンド・スター・グループ(CDSG)」などもコーヒー商品の輸出を検討している。

他の記事も読む
-----
〔Clisien ― ASEAN Info Clips 編集部〕 
  ※外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

約15年ぶりにミャンマー産コーヒー豆が米国へ はコメントを受け付けていません。

分類 ミャンマー