○東南アジアの「次世代タバコ」事情

2018年8月16日

 

 火を使わない「次世代タバコ」を東南アジアでも合法化する動きが出始めているという。

[PR]

 マレーシア、フィリピン、タイで消費者団体が誕生した。またそれを統括する国際組織「INNCO」はインドネシア、シンガポールなどで合法化を働きかけているという。

 「次世代タバコ」には、その方式により大きく二つに分類される。タバコの葉を温める方式の「加熱式タバコ」そして、ニコチン入りの液体を熱することで煙ににた蒸気をだす「電子タバコ」の二種類だ。

 日本では、「加熱式タバコ」は認められているが、「電子タバコ」については薬事法の対象となり事実上解禁されていない。

 東南アジア主要国の「次世代タバコ」事情は以下のとおり

 

 加熱式タバコ電子タバコ最近の動き
日本× 
インドネシア××INNCOによる合法化の働きかけ
シンガポール××INNCOによる合法化の働きかけ
タイ××消費者団体誕生
ベトナム×× 
マレーシア  消費者団体誕生
フィリピン  消費者団体誕生

○:合法
×:禁止(非合法)

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

○東南アジアの「次世代タバコ」事情 はコメントを受け付けていません。

分類 *info, 東南アジア諸国