カルビーがフィリピンから撤退

2018年9月29日 〔フィリピン〕

 カルビーは9月25日、フィリピンの菓子大手「ユニバーサル・ロビーナ」との合弁会社「カルビー-URC」と展開してきたフィリピンのスナック菓子事業から徹底すると発表した。合弁会社の株式の持ち分はユニバーサル・ロビーナに売却する。

[PR]

 フィリピンで「ポテトチップス」「じゃがビー」の2製品を展開したが、販売が伸びず赤字が続いていた。合弁解消後は、ユニバーサル・ロビーナがカルビーよりライセンスを受け、製造・販売を続ける。

 カルビー―URCはカルビーの連結子会社で、2014年4月にユニバーサル・ロビーナと折半出資で設立した。

〔参考〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

カルビーがフィリピンから撤退 はコメントを受け付けていません。

分類 フィリピン, 日系進出