三菱自動車、「CARSプログラム」の承認第1号に

2016年6月28日 〔フィリピン〕

 三菱自動車の生産・販売現地法人「ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(MMPC)」が、フィリピン政府の「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」に基づく支援案件第1号の承認を受けた。今後6年間で小型車「ミラージュ」を20万台生産する計画。

[PR]

 フィリピン政府は2015年6月2日、「包括的自動車産業再生プログラム(Comprehensive Automotive Resurgence Strategy Program : CARS Program)」を交付。このプログラムでは、四輪自動車の 3 つのモデルを対象に、車体組立や部品製造、車両・部品検査施設への投資について、1 モデル当たり最大 90 億ペソ(約248 億円)、3 モデル合計で最大 270 億ペソ(約 745 億円)のインセンティブを付与するというもので、2016年の開始が予定されている。

 三菱自動車は、2016年2月にこのプログラムへの参加意向を表明していた。

 トヨタ・モーター・フィリピン(TMP)も正式承認待ちで、近く承認されるとみられている。

 

〔関連記事〕

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 


※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。

○ASEANを知るお手伝い、エムニドの調査支援サービス「シルシエン」○
    ⇒ 詳しくはこちら

三菱自動車、「CARSプログラム」の承認第1号に はコメントを受け付けていません。

分類 フィリピン