○日本酒の輸出先、第6位がシンガポール

 日本からの日本酒の輸出先として第6位がシンガポールのようだ。

[PR]

 読売新聞が財務省、農林水産省、日本貿易振興機構、日本酒造組合中央会のデータ、資料などを基に作成したデータによると、2015年の日本酒輸出額、国別輸出先第1位は米国で49億9700万円で、総輸出額の約3分の1となっている。そして第6位にシンガポールが入っており、5億2600万円となっている。

順位国名輸出額
1位米国49億9700万円
2位香港22億8200万円
3位韓国13億6400万円
4位中国11億7200万円
5位台湾8億9000万円
6位シンガポール5億2600万円
7位カナダ3億4500万円

 

〔出典〕 読売新聞(2016年3月7日) 

○日本酒の輸出先、第6位がシンガポール はコメントを受け付けていません。

分類 FactBit, シンガポール