マレーシア企業がKL-シンガポール高速鉄道運行権に意欲

2018年1月17日 〔マレーシア〕

 マレーシアの複合起業「YTL」の関連企業「エクスプレス・レール・リンク」が、マレーシア・クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道の運行権の取得意欲を示している。

[PR]

 シンガポールとマレーシア両政府が2017年12月20日、クアラルンプールとシンガポール約350kmを90分で結ぶ高速鉄道計画の国際入札手続きを始めている。2018年末までに受注先を決める。開業予定は2026年。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

マレーシア企業がKL-シンガポール高速鉄道運行権に意欲 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, マレーシア