インドネシアの自爆テロ事件の容疑者はIS信奉者

2018年5月15日 〔インドネシア〕

 インドネシアのスラバヤで5月13日に起きた連続自爆テロで、実行犯の1人が過激派組織「イスラム国(IS)」系の地元過激派組織の幹部だったことが分かった。

[PR]

 インドネシア国家警察などによると、自爆し死亡したディタ容疑者はISの思想に共鳴して家族とともにシリアに渡航。その後帰国してIS系の地元過激派組織の幹部になったという。

 スラバヤ市内の3カ所のキリスト教教会で発生した自爆テロ事件では、実行犯を含め少なくとも13人が死亡、43人が負傷した。

〔関連記事〕

 

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

インドネシアの自爆テロ事件の容疑者はIS信奉者 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア