キューピー、タイで開発のドレッシングを輸出

2018年6月7日 〔タイ〕

 キューピーはタイで開発・生産したグリーンカレー味やトムヤム味などのドレッシング3種類をベトナム、マレーシア、カンボジアなどで発売する。

[PR]

 商品名は「キューピー タイ・ドレッシング」でタイでの参考小売価格は3本入りセットで199バーツ(約680円)。

 キューピーは1987年にタイに進出。大手財閥「サハ・グループ」と合弁会社を設立し、マヨネーズやドレッシングを製造、販売している。またタイには研究開発拠点もある。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

キューピー、タイで開発のドレッシングを輸出 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, タイ, 日系進出