マレーシア高裁、金正男殺害容疑者の審理継続

2018年8月17日 〔マレーシア〕

 マレーシアの高等裁判所は8月16日、北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で実行犯として殺人罪で起訴された女2人の審理を継続することを決めた。

[PR]

 8月16日の公判で裁判官は、検察側の提示した証拠は現時点で信頼できるとし、政治的な暗殺である可能性は排除できないが今のところ確証に足る事実がないと述べ、今後の公判で弁護側に無罪の立証を求める方針を示した。

 事件は、2017年2月にクアラルンプール国際空港で起きた。ベトナム籍のドアン・ティ・フォン被告とインドネシア籍のシティ・アイシャ被告が殺人罪で起訴されている。

 公判は2017年10月に始まっており、2018年6月までに検察側の立証作業はほぼ終了している。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マレーシア高裁、金正男殺害容疑者の審理継続 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, マレーシア