住友商事がインドネシアで宅配事業に参入

2018年8月31日 〔インドネシア〕

 住友商事がインドネシアの大手財閥「リッポー・グループ」傘下の物流企業「レカ・カクラブナ・ロジスティック(RCL)」に出資し、現地で宅配事業に参入する。日本の物流ノウハウとリッポーの小売店網を活用する。

[PR]

 住友商事はRCLの第三者割当増資を約10億円で引き受け40%の株式を取得した。

 RCLは、リッポー・グループ内の物流部門が2016年に独立し、2017年からは消費者間の宅配を始めている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

住友商事がインドネシアで宅配事業に参入 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア, 日系進出