ミャンマー政府、国連調査団の報告書受取拒否

2018年8月31日 〔ミャンマー〕

 ミャンマー政府は、国連人権理事会が設置した調査団が8月27日に公表したロヒンギャ迫害問題に関する報告書の受け入れを拒否するという。8月29日の国営紙が報じた。

[PR]

 ミャンマー政府が同意していない調査団による報告書であり、ミャンマーには責任ある枠組みが存在するとしている。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ミャンマー政府、国連調査団の報告書受取拒否 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー