○スンダ海峡のアナク・クラカタウ火山

2018年12月25日 〔インドネシア〕

 インドンシアのスンダ海峡で12月22日に起きた津波被害は同海峡にある火山島アナク・クラカタウ山の噴火による海底の地滑りが原因と推測されている。そのアナク・クラカタウ山は

[PR]
1927年に海中の噴火で誕生。現在は標高300メートル超の火山島になって活発な火山活動が続いている。アナク・クラカタウはインドネシア語で「クラカタウの子供」という意味である。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

○スンダ海峡のアナク・クラカタウ火山 はコメントを受け付けていません。

分類 *info, インドネシア