ミャンマーで外資生保5社に事業認可

2019年4月20日 〔ミャンマー〕

 ミャンマー計画・財務相は4月5日、外資5社に対して、全額出資の保険会社設立に向けた仮認可を出したと発表した。この5社には第一生命ホールディングスが含まれている。今後会社設立の手続きなどを経て、年内にも事業を開始する見込み。生保分野への外資参入容認は初めて。

[PR]

 当初、全額出資で認めるのは3社までとしていたが、申請した5社すべてを認めた。

 今回仮認可を取得したのは、第一生命ホールディングスに加え、AIA(香港)、プルーデンシャル(英)、マニュライフ(カナダ)などの4社。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ミャンマーで外資生保5社に事業認可 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー, 日系進出