マレーシア2019年1~3月期のGDP、4.5%増

2019年5月17日 〔マレーシア〕

 マレーシア中央銀行が5月16日、2019年1~3月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比で4.5%増だったと発表した。個人消費が7.6%増と堅調だったが、製造業の生産やサービス業が減速した。輸出や投資も振るわなかった。

[PR]

 マハティール政権がインフラ向けの歳出を抑制している影響を受け、公共投資は13.2%の大幅な減少となった。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マレーシア2019年1~3月期のGDP、4.5%増 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ○経済指標, マレーシア