インドネシアが政策金利を4.25%に引き下げ

2020年6月19日 〔インドネシア〕

 インドネシア中央銀行は6月18日、政策金利を4.5%から4.25%に引き下げたと発表した。利下げは3月以来、3カ月ぶり。2月と3月に連続で金利を0.25%ずつ引き下げている。

[PR]

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大騒ぎによりインドネシアも景気が減速している。2020年1~3月の国内総生産(GDP)の伸び率が実質で前年同期に比べて2.97%にとどまり、2001年以降で最低を記録した。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

インドネシアが政策金利を4.25%に引き下げ はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ○経済指標, インドネシア