東南アジア主要5カ国、GDP予測マイナス3.3%

2020年7月9日 

 日本経済新聞社の調査「アジア・コンセンサス」によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)主要5カ国の2020年の実質国内総生産(GDP)伸び率予測はマイナス3.3%だった。3月に行った前回調査ではプラス2.7%だったが、大幅に下方修正となった。

[PR]

 調査は日本経済新聞社と日本経済研究センターがアジアのエコノミストに経済見通しを聞いて行った。通年でマイナスとなるのは2015年の調査開始以来初めて。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

東南アジア主要5カ国、GDP予測マイナス3.3% はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ○経済指標, 東南アジア諸国